ドローンを飛行させる場合、必ず事故(墜落や物・人との衝突)の可能性が存在します。

ドローン事故により物や人に損害を与えた場合、「民事」「刑事」「行政」3つの観点より操縦者がその責任を負う事になります。

自動車の運転を想像して頂ければわかりやすいかと思います。

自動車保険(任意)の加入率(対人・対物)は7割を超え、ほとんどのドライバーが何らかの保険に加入しています。

しかし、ドローンの場合はまだ歴史が新しく、自動車保険のように普及しておりません。
まだ数は少ないですが、その一部を紹介いたします。

DJI保険(DJI機限定)

DJI社はドローン許可の「添付資料を一部省ける機体」を展開しており、ドローン業界のパイオニア的存在です。

当保険は、その名のとおり、DJI社のドローンユーザーの為の保険です。

保証事例

    【対人(身体障害)賠償】

ドローン飛行中、突風にあおられ歩行者に衝突。歩行者がけがをした。

    【対物(財物損壊)賠償】

ドローン飛行中、操作を誤り自動車に衝突。自動車の修理費他の賠償責任を負ってしまった。

    【人格権侵害】

ドローンで空撮した動画を動画サイトへアップロード。飛行経路近辺の居宅の一室が写りこんでおり、プライバシー侵害として訴えられた。

※自機の損傷については別途保険制度あり

詳細はDJI保険(ドローン保険)のホームページで御確認下さい。

ドローン保険(東京海上)

動産総合保険に施設賠償責任保険を組み合わせた保険で、事業者向け(産業用)の保険制度となっています。

保証事例

    【自機に関する補償】

操縦ミスにより着陸に失敗し機体が大破した。

    【対人補償】

機体が歩行者に接触しけがを負わせてしましった。

    【対物補償】

機体が他人の家屋に衝突し、屋根を損壊してしましった。

    【盗難補償】

倉庫に保管していた機体が盗難に遭った。

詳しくはこちらのページより御確認下さい。

個人利用・趣味利用の保険(ラジコン保険)

こちらの保険は個人利用・趣味でのドローン飛行の際の保険になります。
※業務使用時は保証対象外

当保険は、(一財)日本ラジコン電波安全協会の「ラジコン操縦士登録」をした会員向けに設けられた補償制度で、保険制度の加入のみを行う事はできません。

詳細は(一財)日本ラジコン電波安全協会のホームページより御確認下さい。

ご相談・お問合せフォーム

ドローン許可(承認)に関するご相談やご依頼は、下記のフォームもしくは御電話にて受付けております。
フォームより情報を送信後、2営業日を過ぎても弊所からの返信が無い場合はメールの不着が考えられます。
お手数ですが、再度情報を送信頂くか御電話にてお問い合わせ下さい。

TEL:06-4862-7495
受付時間:月~金 10:00-18:00

代表携帯:070-6929-7547
※お急ぎの場合は代表の携帯まで御電話下さい。電話に出られない場合でも折返しお電話させて頂きます。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

TEL

ドローンに関する資格の有無

本文(必須)

内容にお間違いが無ければ、右のチェックボックスにチェックをお願い致します。