ドローン許可申請・承認申請=国土交通省か空港事務所に申請が必要です。

飛行空域と飛行方法の組み合わせによって、

「国土交通省のみへの申請」

「空港事務所+国土交通省への申請」

と大きく2つのパターンに分かれます。

飛行許可取得が必要な空域とその申請先

ドローン飛行許可申請が必要かどうかは、「飛行する空域」をもとに判断します。

実際にドローンを飛行させる際には、飛行空域が許可申請が必要な空域か否かを判断しなければなりません。

許可が必要

上記のように、ドローン飛行許可申請が必要なパターンはA,B,Cの3パターンに分かれます。

各空港事務所への許可申請が必要な空域

(A)空港島の周辺の空域を飛行…各空港事務所への申請

(B)150m以上の高さの空域を飛行…各空港事務遺書への申請

国土交通省への許可申請が必要な空域

(C) 人口集中地区(DID地区)を飛行

国土交通省への申請はDID地区のみ

上記のように、国土交通省へのドローン飛行許可申請は、人口集中地区(DID地区)のみとなります。
これは以外ではありませんか?

ただ、実際の許可申請の大部分は、人口集中地区での許可申請です。

飛行承認取得が必要な空域とその申請先

実は、ドローン飛行承認申請は「国土交通省」以下の飛行方法のすべてを管轄(国土交通大臣の承認)しています。

承認が必要

国土交通省と空港事務所の両方に申請が必要なパターン

    ① 空港島の周辺の空域を飛行+「承認申請」

    ② 150m以上の高さの空域を飛行+「承認申請」

以上のパターンは国土交通省と空港事務所の双方にそれぞれ「承認申請」、「許可申請」が必要になります。

両方に申請が必要といっても、申請書類もほとんど同じなのでそこまで負担増にはなりませんが、両方に申請がいるパターンがあるということは覚えておきましょう。

ご相談・お問合せフォーム

ドローン許可(承認)に関するご相談やご依頼は、下記のフォームもしくは御電話にて受付けております。
フォームより情報を送信後、2営業日を過ぎても弊所からの返信が無い場合はメールの不着が考えられます。
お手数ですが、再度情報を送信頂くか御電話にてお問い合わせ下さい。

TEL:06-4862-7495
受付時間:月~金 10:00-18:00

代表携帯:070-6929-7547
※お急ぎの場合は代表の携帯まで御電話下さい。電話に出られない場合でも折返しお電話させて頂きます。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

TEL

ドローンに関する資格の有無

本文(必須)

内容にお間違いが無ければ、右のチェックボックスにチェックをお願い致します。